集団分析の結果次第で、管理職のクビが飛ぶ?編

11.集団分析の結果次第で、管理職のクビが飛ぶ?

ねえ、ねえ、知ってる?
△△課長の課 すっごくストレス高く出たらしいわよ!
そりゃそうでしょ あんなに横暴な課長の課だもん 結果を見るまでもないわよ
とうとう△△課長 左遷かしらねえ...
データで示されちゃったら もう逃れようがないんじゃない?
間違いはここ!
集団分析の結果を管理職一人の責任にするのは誤りです

< 解説 >

個人のストレスチェック結果を集計すると、部署ごとに「仕事のストレス判定図」というものができあがります。これは「上司の支援」や「仕事の量的負荷」などの4軸で構成されたグラフで、その集団のストレスの特徴がビジュアルでわかるものです。それでストレスが高く表示された課は、「課長のせいだ」といった見方を周囲からされがちですが、それは誤りです。職場のストレスにはさまざまな要因があるため、それを誰か一人のせいにするのは間違いです。ただし、管理職の責任が問われないわけではなく、今後はこの結果が管理職の仕事を評価するひとつの指標になっていくことは間違いないでしょう。

ちなみに、集団分析の結果は個人情報ではないため、会社が閲覧することはできますが、社内であってもその情報を無制限に広めてはいけないことになっています。