制度

ストレスチェックの集団分析結果とは?初めて活用する前に知っておくべきポイント

お問合わせはこちらから

ストレスチェックの目的のひとつは高ストレス者の早期発見やメンタル不調の未然防止ですが、集団分析結果を上手く活用することで職場環境の改善につなげることができます。
この記事では、ストレスチェックの集団分析を初めて活用するときに知っておきたいポイントを解説します。

ストレスチェックの集団分析とは

ストレスチェックの集団分析とは、ストレスチェックの結果を部署や拠点などの集団ごとに分析して、ストレスの原因や傾向を把握することです。
課や部署ごとに分析していくため、どの部署に業務が集中しているのか、高いストレスを抱えている集団はどこかなどがわかります。
こうした集団分析の情報は職場環境改善に役立つため、ストレスチェックの結果をより有効に活用していくためにも、集団分析は必ず実施すべきです。

ストレスチェックの集団分析のメリット

ストレスチェックの集団分析のメリットとしては、職場環境改善に活かせる点があげられるでしょう。
職場環境の改善には主に以下のような効果があります。

・ 過剰な業務の偏りなどを是正して、メンタル不調を未然予防できる
・ 組織としての課題が明らかになり、生産性の向上が期待できる

ストレスチェックはメンタル不調者の早期発見と未然予防を目的としているため、集団分析も「メンタル不調の予防」という点が注目されがちです。
もちろん、それも大きな目的のひとつではあるのですが、集団分析結果による職場環境の改善も、働きやすい職場作りと生産性の向上につながるため、積極的な実施が求められます。

ストレスチェックで集団分析が重要な理由とは

一次予防には、自身の状況に気づいたり、不調が起こらないように知識を得たりする以外にも、環境を見直すことが大切です。
しかし、基本的に、ストレスチェックの個人結果については会社が知ることができる仕組みにはなっていません。
そのため、ストレスチェック結果から職場のストレス状況が把握できる集団分析が重要になってきます。

また、ストレスチェック制度における集団分析は「努力義務」という位置づけではありますが、事業者は常に「従業員の安全・健康について合理的に配慮する義務(安全配慮義務)」を負っています。
安全配慮義務違反の判定基準として①「結果予見可能性」と②「結果回避義務」があります。

① 労働者の生命・身体・健康に損害が生じることを予見することが可能であったか
② 予見していた損害に対して回避するための努力を尽くしたか

つまり、安全配慮義務を適切に果たしていくためにも、ストレスチェックの集団分析を活用し、「メンタル不調」を予見し、結果回避するための具体的な職場環境改善につなげていくことが重要なのです。

ストレスチェックは「ストレスの程度」と「その要因となっているもの」がわかるようになっているため、集団分析によって部署や課ごとのストレスの状態傾向や特徴もわかります。
人の健康は環境がつくるといっても過言ではありません。
メンタル不調には個人的要素が関わっていることは事実ですが、事業者側としては、「会社環境が要因になっていないか」の視点を常に持ち、職場環境改善の実施が必要です。

ドクタートラストの集団分析の特徴

さいごに、ドクタートラストのストレスチェックサービスで提供する集団分析についてご紹介します。
ドクタートラストの集団分析は、集団における数値をあらゆる側面から見ることができます。
満足度分析におけるランキング化や、偏差値化、TRUSTYSCOREなどがあり、さまざまな角度から結果を表現していくことで、数値の意味がわかりやすく、視覚的に捉えやすいのが特徴です。
分析軸についても、通常の性別や部署、年代に加えて、2種類まで無料で軸を追加して実施ができるようになっており、無料の範囲内で十分な集団分析が実施できるようになっています。

また、一次予防だけではなく、ポジティブメンタルヘルスと言われる0次予防(社員や環境の活性化を行うフェーズ)も数値化しています。
「メンタル不調者を発生させないため」だけではなく、より働き甲斐をもって働ける環境であり、身体的・精神的・社会的にも良好な、まさにWellBeingな状態を目指していくためのヒントとなる情報が載っています。

不調者予防という観点から、0次予防をも視点にいれて集団分析を活用していくことで、はじめてワーク・エンゲイジメントや生産性向上という、本来事業者が目指したいところが実現します。

また、ドクタートラストの集団分析は報告書の提出にとどまらず、その後のサポートも充実しており、職場環境改善までワンストップでサポートすることができます。
ストレスチェックについてお困りのことがございましたら、ぜひお問合せください。

ABOUT ME
【シニアコンサルタント】杉山 敏之
【職位】株式会社ドクタートラスト執行役員/シニアコンサルタント 【コメント】長年、営業職として多くの顧客と接してきました。年々労働力人口は減り続け、優秀な人材を確保することが、企業の発展に直結する時代になります。ストレスチェックの結果からは企業の現状を可視化できます。ストレスチェックを通じ、「元気に・楽しく・働きやすい」職場環境構築への情報発信ができるように努めていきます。